http://ryoho.kuyo.org/

〒338-0016 さいたま市中央区上峰1-11-19

東京都内で総合診療科科受診が可能な医療機関/病院/医院/クリニック

ホメオスタシスと免疫力を駆使しても発症する疾病疾患

画像

総合診療科とは


20世紀は医療・医学の細分化。21世紀は医療・医学の全体化。
局部・細部を観察できる技術が進歩したことで、医療の細分化が進み、今や診療科がいくつあるのか分からないほどです。
役所の「タライ回し」は古来より有名ですが20世紀は「医療のタライ回し」が続いてきました。
このトレンドにストップをかけ、『医療の本質』に戻ろうとするのが『総合診療科』です。

しかしながら、総合診療科は『高度の医療知識・知恵』を必要とするため、本物を見つけるのは大変です。
又、数もまだまだ少数です。
しばらくの間は、私たち患者側が総合診療医を育てる気概で臨む必要がありそうです。

『21世紀の赤ひげ先生』、それが総合診療医。それが総合診療科です。 ふんばろう東日本


以下に掲載されていない東京都内の診療機関をご存知の方はメールで教えてください。


総合診療が可能な病院・医院一覧もご参照ください。

 
s s s s
関東/東京都で総合診療科が受診可能な医院・病院・クリニック
s
東京女子医科大学病院/総合診療科 〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1 03-3353-8111
s 野村馨
コメント 総合診療科では「急性期の病気を迅速に治療する」ことと同時に 「どの診療科を受診したらよいかわからない患者さん」、「なかなか診断がつかない病気」、「慢性疾患の指導」、などに対応してまいります。
s
東京医科大学病院総合診療科 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1 03-3342-6111
s 大滝 純司
コメント 受診される方、おひとりおひとりのニーズに対応した基本的な医療を、専門各科と連携しながら幅広く提供することが、総合診療科の目標です。
s
東京慈恵医科大学付属第三病院 総合診療部 〒201-8601
東京都狛江市和泉本町4-11-1
03-3480-1151
s 平本 淳
コメント 初診外来では、罹患臓器を特定できない患者さん、特に不明熱、長期にわたる微熱、発疹、関節痛、リンパ節腫脹、全身倦怠感、原因不明の食欲不振、体重減少などを主症状として来院された患者さんを中心に診療し、必要があれば診断確定後に該当する臓器別診療科での治療とするシステムをとっています。
s
がん・感染症センター都立駒込病院?総合診療科 〒113-8677  東京都文京区本駒込三丁目18番22号 03-3823-2101
s 岡本 朋
コメント 総合診療科は、症状からどの診療科を受診したらよいかわからない患者さん、多くの病気を抱えてどの診療科を中心に受診したらよいかわからない患者さんを診療しています。  必要に応じて、各専門分科を紹介しています。また、他院での診療が適当であると判断された場合は、積極的に転院を薦めています。
s
順天堂大学医学部附属順天堂医院総合診療科 〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 03-3813-3111
s 林田康男
コメント 総合診療科は、平成5年に渡邉一功初代教授(現客員教授)により開設されました。現在は2代目教授、林田康男教授のもと、患者さんを全人的にとらえ、専門診療科との連携により質の高い医療サービスを行うことをモットーに日々の診療にあたっております。
s
国立成育医療研究センター総合診療部 〒157-8535  東京都世田谷区大蔵2-10-1 03-3416-0181
s
コメント 国立成育医療研究センターでは、多くの専門診療科、これまでの医療において連携の難しかった内科領域、外科領域、産科領域、こころの領域、社会的資源と連携し、チーム医療を行うことによって、患者様本位の包括的医療を実現します。
s
東京ミッドタウンクリニック 〒107-6206 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6F 03-5413-0080
s
コメント 総合診療科では、どの科を受診していいかわからない方を全て担当し、必要に応じて専門各科に相談します。軽症の場合は、患者さんや専門各科と相談して、他院にご紹介したり、引き続き内科外来で診療を継続することもあります。
s
白鬚橋病院 〒131-0032 東京都墨田区東向島4-2-10 03-3611-6363
s 國保 昌紀
石原 祥子
コメント 何科にかかってよいかわからない場合・ 救急ではないものの、診療科がはっきりしない場合など・ その他相談のご希望がございましたら、総合診療科で相談に乗ります。 (内科外来にて診察いたします)
s
武蔵野赤十字病院 〒180-8610 東京都武蔵野市境南町1-26-1 0422-32-3111
s 長田 薫
羽田 俊彦
コメント 総合診療科は主として内科系の1次救急診療、2次救急診療を担当する診療科です。 当院はどの診療科に受診される場合でも、地域の医院・病院など他の医療機関からの紹介状が必要です。しかし、急に具合が悪くなり地域の先生方に紹介状を書いてもらう余裕もなく来院される方々(1次救急)も居られます。総合診療科はそのような救急医療を必要としている病態・病状の方を対象とした診療科です。
B級グルメ/ご当地グルメ ガイド